山上徹也の家族(母親)が所属した宗教団体は?多額の献金で破産!

  • URLをコピーしました!

2022年7月8日に、安倍晋三元首相が応援演説中に、山上徹也容疑者に背後から、銃で撃たれるという衝撃の事件が起きてしまいました。

安倍晋三元首相は、心肺停止の状態で、病院に搬送されましたが、死亡が確認されてしまったとのこと。

大きな功績を残してきた安倍晋三元首相を銃撃した山上徹也容疑者に対し、世間から非難の声が殺到しています。

当記事では、山上徹也容疑者の以下の内容でまとめていきます。

山上徹也の家族(母親)が所属した宗教団体は?

山上徹也の家族(母親)は多額の献金で破産!

それでは、早速本題に入っていきましょう。

スポンサーリンク
目次

山上徹也の家族(母親)が所属した宗教団体は?

山上徹也容疑者の家族(母親)が信者になった宗教団体は、旧「統一教会」、現在の「世界平和統一家庭連合」だと報道されました。

山上徹也容疑者は、犯行動機について「母親が宗教にのめりこみ恨みがあった。その宗教団体と安倍元総理につながりがあると思った」と供述しています。

そのことで、現在の「世界平和統一家庭連合」が山上容疑者の母親が信者だったのか?ということについて会見で、以下のように述べていたようです!

「山上容疑者は信者ではない」「山上容疑者の母親は当協会の協会員であり1カ月に1回程度行事に参加していた」

「YAHOO!ニュース」による引用

山上徹也容疑者の母親は、1998年頃から正会員だったようです。

その後、しばらく教団を離れたようですが、現在に至るまでの流れが説明されていました。

09年ごろから17年ごろまでいったん連絡が途絶えたが「2~3年前から教会員と連絡を取るようになり、この半年くらいは1カ月に1度程度、教会の関連行事に参加していると聞いている」などとした。直近では、約2カ月前に参加した

「日刊スポーツ」による引用
スポンサーリンク

山上徹也の家族(母親)は多額の献金で破産!

山上徹也容疑者の家族(母親)は、旧「統一教会」、現在の「世界平和統一家庭連合」の信者ということが分かりました!

山上徹也容疑者は、「母親が宗教団体に多額の寄付をして破産した」という供述をしているようです。

そのことについても、現在の「世界平和統一家庭連合」が、以下のように述べていたようです。

母親が2002年ごろに経済的に破綻していたことは把握しているものの、どのぐらいの献金をしていたのかについては「たどり切れていない」

「YAHOO!ニュース」による引用

山上徹也容疑者の母親が破産したことは、事実のようです!

このことで、山上徹也容疑者の家庭状況が変わったとのことです。

山上容疑者は奈良市内の一戸建て住宅で母親や兄、妹らと同居していた。母親が入信した頃、山上容疑者は高校生で、母親はまもなくして自宅を売却し、02年に破産宣告を受けていた。時期的に多額の献金が原因だった可能性がある。

「讀賣新聞オンライン」による引用

また、安倍元総理について、世界平和統一家庭連合からの発言内容は「私たちの友好団体が主催する行事に安倍元総理がメッセージなどを送ったことはある」と述べていたようです。

山上徹也容疑者は、「安倍元総理がビデオレターを投稿していることなどを見て殺すしかない」と決意したとの情報があります。

しかし、山上徹也容疑者が当初考えていたことは、宗教団体のトップである人物の殺害を企てていたようですが、その人物が日本に来ないと諦め、宗教団体と関係していると思っていた安倍元総理を狙ったとのことです。

今回の安倍元総理への銃撃は、恨みによるものだったようですが、世界中で非難の声が出ているほど悪質な犯行です。

今後、このような事件が起きないことを願いたいです。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる