城田優はハーフな容姿が嫌い?自己嫌悪で役者としての活動に支障も!

黒い服装でマイクを持って歌うハーフの男性
  • URLをコピーしました!

イケメン俳優で数多くの人気作品に出演し、多方面で存在感を放つ城田優さん!

最近でも、舞台「カーテンズ」主演と演出を手掛け、話題となっていますね。

そんな、城田優さん!過去に自身の容姿が嫌いで、役者としての活動にも支障があったようです。

そこで今回は、以下のないようでまとめていきます!

●城田優はハーフな容姿が嫌いだった?
●自己嫌悪で役者としての活動に支障も!

それでは、早速本題に入っていきましょう。

スポンサーリンク
目次

城田優はハーフな容姿が嫌いだった

引用:Twitter

容姿端麗で、身長も190㎝あり他にはない存在感を放つ城田優さん!

意外なことに…過去は自身の容姿や身長がコンプレックスだったようです。

現在、舞台「カーテンズ」で主演を務めていますが、そこで共演する三浦翔平さん、米本学仁さんと「僕らの時代」に出演した際に以下のことを述べていました。

エキストラみたいなお仕事とか、雑誌とか。だけど、エキストラさえも拒まれる。目立っちゃうから。自分の容姿を呪い倒した10代だった

「exciteニュース」による引用

スペインと日本のハーフで、その容姿が目立ってしまい仕事がもらえなかったとのこと。

ハーフであることは、世間的に見たら魅力的で羨ましいと考えられます。ですが、城田優さんとってはコンプレックスだったようですね…

13歳でテレビに出る人になりたいという思いが強くあり、そこから芸能事務所に所属!

画像は、雑誌の取材のものです。このときから完成されたカッコよさで、現在と変わらず魅力的ですね。

ですが、14歳で178㎝もあったら、個性が強すぎると思ってしまうのも理解できる気がします…

高校3年生の時の学生証です!この時は、堀越学園に通っていました。

かなりカッコいいですよね!堀越学園といえば、芸能人が在籍していることで有名です。

城田優さんの同級生には、以下の方々がいました。

●山下智久
●上戸彩
●蒼井優
●小池徹平

この方々で、ドラマが作れるほどですね…

城田優さんは、この顔ぶれにも、劣ることのない人気が学生時代からあったようです。

ハーフな容姿が嫌いだったとは、贅沢な悩みでは…と思う方も多くいるのではないでしょうか。

本人にとっては、仕事がもらえず苦労したようなので、容姿が嫌いになってしまうのは無理もないかもしれないですね。

スポンサーリンク

城田優は自己嫌悪で役者としての活動に支障があった?

画像
引用:Twitter

容姿がコンプレックスで、ハーフなことで仕事をもらうことができなかったことが分かりました!

そのことで、自己嫌悪になり、役者としての活動にも支障があったようです!

ここでは、過去から現在に至るまでの情報をまとめていきます!

現在は、幅広い役柄と演技力で活躍する城田優さん…過去に、100回近くもオーディションに落ちてしまったようです!

当時は、仕事がほとんどなく街角のスナップ写真が雑誌に載っただけでも嬉しかったとのこと。

なぜくじけず、オーディションに受け続けられたのか聞かれた際には、

めちゃくちゃ、くじけたよ。学園もののオーディション行っても「いや、君みたいな子はクラスにいないんだよね」とか言われるのが一番キツかった。「俺はいるじゃん」って思ってたんだよね。「俺はいるよ!」って。

「FNNプライムオンライン」による引用

オーディションで、精神的に疲弊するような言葉を浴びたようですね!

さらに、その言葉で自己嫌悪になったようで

14歳で180cmを超えてしまっていたが故に、顔は童顔なんだけど背はめちゃくちゃ高くて扱いづらいわけですよ。とにかく毎回悔しい思いをしながら泣きながら帰った。

「FNNプライムオンライン」による引用

毎日、泣きながら帰ったとは、可哀そうな気持ちになってしまいますね!

14歳でこのような経験をして、よく続けることができたと感心する方も多くいるのではないでしょうか…

その後、高校2年生の時に受けたオーディションの合格が転機になり、自信がつくきっかけになったようです!

画像
引用:Twitter

美少女戦士セーラームーン」の舞台に合格し、初めて自分がやりたい芝居ができたとのこと。

そこでの経験を経て、24歳で代表作となる「エリザベート」で大役のトートを演じました。

この役は、過去にベテラン俳優が務めてきた演技力が問われる難しい役柄で、抜擢されたことが凄いですよね!

城田優さんも、この役が決まった際に、プレッシャーがかなりあったようで、過呼吸になったこともあったとのこと。

本番入ったら、もう「本当に出たくない、嫌だ無理!」。自分のソロパートの前、裏で待機しているときにオーケストラが仰々しく音を鳴らすわけさ。その音でどんどん心臓がバクバクしてきて「落ち着け、落ち着け。オレは出なきゃいけないのに」とか、過呼吸状態になっちゃうこともあった

「FNNプライムオンライン」による引用

代表作を演じることで、代々受け継がれたものを壊してはいけないという気持ちが精神面で強く出ていたようですね。

この時に、過去にかけられた言葉がきっかけで落ち着くことができたと述べています!

「優、その容姿は舞台でめちゃくちゃ武器になるし、もう親に感謝した方がいいよ」

この言葉は、落ち着くことができた要因にもなっていますが、俳優や舞台で活動していくことへの自信のもつながったとのこと。

現在は、自己嫌悪がなくなり、ハーフであることでよかったと考えているようです!

様々な苦労を経て、精神面でも成長することができた城田優さん!今後は、その経験からどこまで活躍の幅を広げていくのか期待したいですね。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか…

城田優はハーフな容姿が嫌い?自己嫌悪で役者としての活動に支障も!」と題し、まとめました。

ハーフであることで仕事がもらえず、容姿や身長が嫌いだった城田優さん!

自己嫌悪になってしまったこともあったと分かりましたね。

現在は、自身の外見に自信が持てるようになり、多方面で活躍し存在感を発揮しています。

今後は、多くの代表作となる作品が生まれるかもしれないですね…

それでは、最後まで記事を読んでいただきありがとうございます。

黒い服装でマイクを持って歌うハーフの男性

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる