片寄涼太は性格もイケメン!過去の葛藤で自分らしさを見つけた理由とは?

柱に手をかける茶髪の男性
  • URLをコピーしました!

LDH所属で人気グループ「GENERATIONS」のボーカルの片寄涼太さん!

華麗な歌声と切れのあるダンスで、男女共に支持され注目を浴びています。

そんな、片寄涼太さん!性格がイケメンで有名ですね…さらに、過去の葛藤で自分らしさを見つけた理由が話題となっているようです。

そこで、今回は以下の内容でまとめていきます!

●片寄涼太は性格もイケメン!
●過去の葛藤で自分らしさを見つけた理由とは?

それでは、早速本題に入っていきましょう。

スポンサーリンク
目次

片寄涼太は性格もイケメン

画像
引用:Twitter

片寄涼太さんといえば、顔がかっこいいことで知られていますね!

世間からは、王子と言われることもあるようです。そのことから、数多くの映画やドラマで主演を務めることもあり、ファンがかなり多いことでも知られています。

性格面でも、イケメンだという情報があるようです!

●GENERATIONSの真面目担当で気遣いができる
●自分から前へ出るタイプではなく、どちらかと言うと控えめな印象。しかし、歌手という夢を叶えた片寄涼太さんは、一見控えめなようで、芯はとてもしっかりしたタイプ
●一緒に過ごすなら誰にする?との質問でメンバーから片寄涼太さんの名前が多数上がった

情報を確認すると性格がいいことが分かりますね!

外見もよく、性格もいいとなると逆に欠点はあるのか気になってしまいますね…

Twitterでも以下の内容を見つけました。

「歌も顔もよくて性格がいい」「かわいくて性格よくてドタイプ」「歌も演技も顔も性格も大好き」とのツイートがありました!

絶賛されていることが分かりますよね!性格がよくてルックスもいい片寄涼太さん、今後もどれほどファンを魅了していくのか楽しみです。

スポンサーリンク

過去の葛藤で自分らしさを見つけた理由とは?

画像
引用:Twitter

片寄涼太さんは、過去にLDHらしくないと言われ葛藤していたことがあったようです!

「何かお前は違うよな」と言われることは多かったので、最初はちょっと嫌な気持ちもありました。LDHらしさであるとか、求められるものに染まらなきゃいけない、と自分を変えようとした時期もありましたね。クールでないといけないのかなとか、もっとこう筋骨隆々でいなきゃいけないのかな、と悩む時期はありました。 「YAHOO!ニュース」による引用

見た目や雰囲気が、LDHらしくないと言われ、嫌な気持ちになっていたとのこと。

自分を変えようとするほど、苦悩していたとは驚きますね。

その後、「兄に愛されすぎて困っています」に出演したことで苦悩を乗り越えるきっかけになったようです!

画像
引用:Twitter
出演して芝居の世界に触れて、アーティスト業界とは違う友人や先輩ができたことで自分自身の考え方や世界が広がりました。いろんな価値観があっていいんだと思える大きなターニングポイントになりましたね。 「YAHOO!ニュース」による引用

「兄に愛されすぎて困っています」では、交友関係が広がり、自身で価値観が変わるターニングポイントになったようですね。

誰かにどう思われるかはすごくストレスになるし、気になってしまうけど、自分を俯瞰で見たときに、自分が生き生きしているほうがいいじゃんって。自分の心の声に耳を傾けられるようになったのかな、と思います。 「YAHOO!ニュース」による引用

LDH加入当初は、葛藤があったことが分かりましたが、考え方を変えることができ自分らしくいることが大事だと気づけたようです。

また、頑張りたいと思っている人には背中を押せるように、頑張れないと思っている人には寄り添えるような発信をしたいとも心得ているとのこと。

LDHでは、先輩として後輩のアーティストの頼れる存在になっているのではないでしょうか…

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか…

片寄涼太は性格もイケメン!過去の葛藤で自分らしさを見つけた理由とは?」と題し、まとめました!

片寄涼太さんは、ルックスもさることながら性格もイケメンだと分かりました。

過去には、LDHらしくないと言われ、葛藤していたようですね。

ですが、交友関係の広がりがあり価値観が変わったことで、現在は自分らしさを大事にするとの考え方になったとのこと。

今後は、先輩として後輩の方々に自身の考えをどのように伝えていくのか期待されますね!

それでは、最後まで記事を読んでいただきありがとうございます。

柱に手をかける茶髪の男性

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる