横尾香央留 「お直しとか」展
2011年5月18日(水)-5月30日(月)
12:00 - 19:00 日曜休廊

オープニング・レセプション
2011年5月18日(水)18:30-20:30



フォイル・ギャラリーでは2011年5月18日(水)から5月30日(月)まで、横尾香央留 「お直しとか」展を開催いたします。

横尾香央留は、文化服装学院ニットデザイン化卒業後、ファッションブランドのアトリエにて手作業を担当。
2005年に独立し、現在吉祥寺に作業場を構えて、刺繍やニットを用いたお直しを中心に活動しています。

彼女の「お直し」は、ただ古いものを元のように戻すだけではありません。
ついてしまった染みには、なぞるように刺繍をし、ほつれてしまった糸をフリンジにしたり、穴のあいてしまったニットからは虫が頭を覗かせたりと可愛らしいモチーフがプラスされています。
そうして使えなくなったものを新しいものへと変身させる彼女のお直しは、見た目の可愛らしさだけではなく「もの」への愛情が溢れています。その大切にされた「もの」に触れることは、ものが使い捨てられ消費され続ける、今の社会を見つめなおすきっかけになるかもしれません。

今回の展示では、彼女がこれまでに手がけたお直しの作品や、彼女が友人や家族に贈ったプレゼント、これまでに手がけた雑誌連載の原画など、多数の作品を展示いたします。彼女のイマジネーションが広がる世界を、どうぞご高覧ください。
会期中には彼女自身がギャラリーに滞在し、制作も行います。また、ワークショップも開催しますので、ぜひこの機会にご参加ください。




<関連イベント>
5/21(土)13:00-/15:30-
定員:各回10名、参加費:2000円

【要予約】詳しくはこちら
横尾さんの作った花のモチーフを使い、穴の開いてしまった洋服や小物のお直し方法を学びましょう。
虫食いがあって着られないけど、愛着があって捨てられないニットなど、使わずに眠っているものが生まれ変わります。

会期中の平日、14時〜
【予約不要】



横尾香央留(よこお・かおる)プロフィール:
東京生まれ。
文化服装学院ニットデザイン科卒業。
ファッションブランドのアトリエにて手作業を担当。
2005年 独立。吉祥寺に作業場をかまえ
刺繍やニットをもちいたお直しを中心に活動。
著書に『プレゼント』(雄鶏社刊)




 
FOIL GALLERY 〒101-0031東京都千代田区東神田1-2-11 アガタ竹澤ビル201 TEL:03-5835-2285 FAX:03-5835-2286
copyright 2007 FOIL Co., Ltd. All Rights Reserved.