アナト・パルナス 池田カナ子 木内美羽
三人展




2008年8月8日(金)〜24日(日)
12:00 - 19:00(初日と日曜・祝日は18:00まで)


本展は7月に行いました「齊藤彩・MAYUKO(S)MAYUKO(S)MAYUKO(S) 二人展」に続く、当ギャラリーがセレクションした若手作家を紹介するプログラム第2弾です。今後、活躍が期待される若手写真家三人の作品を展示致します。

イスラエル出身のアナト・パルナスは、東京の大学院で写真を学びながら作品を制作。一眼レフでは撮影できない独特の色合いに惹かれ、携帯電話のカメラで撮影し始めました。日記を付けるように撮られてきた膨大な数の写真は、リアルな彼女の日常をさらけ出しています。

大学在学中から何度もロシアを訪れ、土地の人々と触れ合ってきた池田カナ子は、暗く寒いというかの国のイメージに捕われることなく、穏やかな人々の生活を優しい視点で見つめています。素直に綴られたロシアでの日々は、どこか懐かしい印象さえ受けます。

一方で木内美羽はデジタルカメラを使用し、物質の表面を捕らえてきました。見慣れた壁やゴミ箱の表面が写された写真は絵画のようにも見え、私たちはモノのテクスチャーを突きつけられているかのようです。

使用するカメラも被写体も、写真へのアプローチも異なる、同世代の若手写真家三人による三者三様の写真を展示を致します。
どうぞこの機会にご高覧くださいますよう、お願い申し上げます。


Anat Parnass(アナト・パルナス)プロフィール:
1974年イスラエル、テルアビブ生まれ。1995年に初めて日本を訪れる。1996年〜2000年テルアビブ大学で日本の歴史と文化を学び、2000年には広河隆一氏と共に活動。その後新聞社で働きながら「カメラオブスキュラ」にて写真を学び、卒業後BAUBAU photowireに勤務。2006年〜現在、日本大学大学院芸術学研究科に在籍。

池田カナ子(いけだ・かなこ)プロフィール:
1980年新潟生まれ。法政大学日本文学科卒業。大学在学中からロシアを旅行し写真を撮り続ける。2000年「僕らは生きる」でエプソンカラーイメージコンテスト大賞受賞。光文社スタジオ勤務後、2007年独立。
池田カナ子 web site

木内 美羽(きうち・みう)プロフィール:
1982年東京生まれ。2005年女子美術大学メディアアート学科卒業。2006年コニカミノルタ「フォトプレミオ」に入選、2007年、特別賞受賞。2008年度女子美術大学同窓会企画展「PHOTO+GRAPH展―光の描写―」など、様々なグループ展に参加し活動を続ける。
木内美羽 web site [mius]




 
FOIL GALLERY 〒101-0031東京都千代田区東神田1-2-11 アガタ竹澤ビル201 TEL:03-5835-2285 FAX:03-5835-2286
copyright 2007 FOIL Co., Ltd. All Rights Reserved.