長野陽一 写真展
「シマノホホエミ」




2008年10月10日(金)〜31日(金)
12:00 - 19:00(初日と日曜・祝日は18:00まで)

☆イベント開催! 2008年10月17日 19:00~21:00
角田光代 × 長野陽一 トークショー(要予約)



フォイル・ギャラリーでは10月10日(金)から10月31日(金)まで、
長野陽一 写真展「シマノホホエミ」を開催いたします。
長野陽一は1968年生まれ。大学を卒業後、1998年、ガーディアン・ガーデン主催の公募展”人間の町プロジェクト”において、沖縄、奄美諸島の島々に住む10代のポートレート写真「シマノホホエミ」のシリーズを発表。以後、写真家として精力的に活動を続け、2001年には『シマノホホエミ』を情報センター出版局より刊行。その瑞々しい写真と文章が読者を捉え、ベストセラーとなりました。
10年にわたり日本の島々を撮り続けてきた長野陽一。
彼の写真に写し取られた島の10代の表情とそのきらめきは、見る者の心を惹き付けて止みません。
約4年ぶりの東京での個展となる今回は、『シマノホホエミ』改訂版の発売を記念し、新たに撮り下ろされた作品を含む、約30点を展示致します。
どうぞ、ご高覧下さいますようお願い申し上げます。





長野陽一(ながの・よういち)プロフィール:
1968年生まれ、福岡県出身。多摩美術大学美術学部卒業。1998年、ガーディアンガーデン主催の公募展”人間の街プロジェクト”において「シマノホホエミ」シリーズを発表。以後、写真家として活動を開始し、2004年に写真集『島々』(リトルモア刊)を発表。11月には地元・福岡で本にまつわるイベント・ブックオカ08にて写真展を開催する予定。

関連書籍
長野陽一・著 改訂版『シマノホホエミ』10月上旬発売予定
日本の島々に住む10代の瑞々しい表情を切り取ったベストセラーが、撮りおろし作品も加え、装いを新たに生まれ変わります。

 
FOIL GALLERY 〒101-0031東京都千代田区東神田1-2-11 アガタ竹澤ビル201 TEL:03-5835-2285 FAX:03-5835-2286
copyright 2007 FOIL Co., Ltd. All Rights Reserved.