行司千絵 展覧会「おうちのふく」
nami
母の服・白いミックスのワンピース

2014年6月26日(木) - 7月5日(日)
月 - 土 11:30 - 20:00 
日 11:30 - 18:00
(6月28日は16:30まで) 
水曜休廊
入場料
300円( 中学生以下無料)

オープニング・レセプション
6月28日(土) 19:00 - 20:00

“おうちのごはんと同じで、家族や友人を思いながらふくを作っています。
「あのひと太り気味やから砂糖へらそか」「野菜不足やから野菜たそうか」としていて、そこには作家性はないと思うのです。でも長い目でみたら、そのおうちの味がある。私もそれに似て、ふくにはタグがありません。「あのひと、ここゆったりさせよか」「あの色入れたらおもしろいかも」と思って作り続け、このような機会を得て、はじめて自分のふくを振り返り「私って、結構好みがあるんやな」と気づいた次第でした。”   ー行司千絵
                          

フォイル・ギャラリーでは6月26日(木)から7月5日(土)まで、行司千絵 展覧会「おうちのふく」を開催します。
物心ついたときから手芸が大好きだったという行司さんは、会社勤めのかたわら、「日曜大工」ならぬ「日曜洋裁」さながらに、休みの日にはミシンに向かい、家族や友人のために服を作り続けています。
「マント」「コート」「ウエストのしめつけがないもの」など、ざっくりとしたリクエストを受け、完成するまで途中経過を見せず、完成してから初めてその人に届く服は、不思議とその人の肌とたたずまいにすっとなじみます。
行司さんと家族や友人、そして世界とをつなぐ言葉のように紡がれ、生まれる服は、私たちが日々当たり前のように生活をいとなむ豊かさや、服がふと与えてくれるしあわせを教えてくれます。
週末には、展示されたワンピースとブラウスのセミオーダー受注も承ります。どうぞ皆様足をお運びください。

空間デザイン: RISSI INC.


トークイベント
いしいしんじ × 行司千絵
6月28日(土) 17:00 - ¥1,000(予約不要) 
かねてより行司さんの服を着ているいしいしんじさんをお迎えして、行司さんの服にまつわるいろんなお話を伺います。

セミオーダー受注会
展示のワンピース・ブラウスのセミオーダーを承ります。
6月28日(土) 12:00-20:00/6月28日(日) 12:00-18:00/7月5日(土) 12:00-18:00
制作:トランテアン


行司千絵(ぎょうじ・ちえ)
1970年奈良市生まれ。同志社女子大学芸学部英文学科卒。会社勤めをしながら、休日にミシンを踏み、自身の普段着や母の服を縫っている。独学の服作りは、雑誌「クウネル」などで取り上げられている。
著書に「京都のシェフにならうお料理教室」(青幻舎)がある。






         友人の服・ダッフルコート             友人の服・ワンピース
 


FOIL GALLERY
〒602-8453 
京都市上京区笹屋町通智恵光院西入笹屋町1-519
マーブルビルディング3F
Tel : 075-451-6162 Fax : 075-451-6163






 
FOIL〒602-8453京都市上京区笹屋町通智恵光院西入笹屋町1-519 マーブルビルディング 3・4F TEL: 075-451-6162 FAX: 075-451-6163
copyright 2007 FOIL Co., Ltd. All Rights Reserved.