角田純 作品展
「如意樹 nyo i ju」


2010年11月19日(金)-12月11日(土)
12:00-19:00(11月26日のみ18:00まで) 日祝休



アーティスト・レセプション
2010年11月26日(金)18:30-20:30





フォイル・ギャラリーでは2010年11月19日(金)から12月11日(土)まで、 角田純作品展「如意樹 nyo i ju」を開催致します。

展覧会のタイトルである「如意樹」は、仏教において聖樹として信仰されてきた、 空想上の樹木です。その名が示すように、礼拝者の願いを全て叶える(=如意)樹であり、 金色の実を結ぶといいます。また、その果実を得た者は、永遠の命を与えられるとも言い伝えられています。

今年夏に山梨のGallery Traxで行われた個展「yama-biko」以降、筆の赴くままに線を描き続けるうち、 角田は金色の絵の具を使い、丸いモチーフを描くようになります。 描き続けていくうちにそれらは、金色の実を生す植物を、まるで下から見上げたかのような形となって現れてきました。 その仰ぎ見る金色の実は、永久の生命力を象徴する樹として伝えられる「如意樹」と重なり、 インダスより信仰され続けてきた、樹木に宿る精霊の気配をも漂わせます。

また、新しい作品に施されたコラージュは、地から伸びる植物のようにも見え、 振り下ろされた筆の跡は、生命のほとばしりをも感じさせます。 それらが絵画に自由に配置された色と合わさり、心をざわつかせる絵画の気配となって、観る者を別の世界へと誘います。

フォイル・ギャラリーでは約1年半ぶりとなる今展では、大小さまざまなサイズの絵画作品を展示致します。
インスタレーションという形態ではなくシンプルに、絵の力を見て欲しいと語る角田純。 自由に踊る線から、実を生す樹へと変化してきた表現を、どうぞこの機会にご高覧下さい。





角田純(つのだ・じゅん) プロフィール:
1960年生まれ、愛知県出身。多摩美術大学卒業。主な個展に「Sounding through」(FOIL GALLERY, 09年)、FOIL GALLERY(08年)、主なグループ展にCultural Ties Exhibition Westzone gallery space・ロンドン(00年)などがある。
2009年、FOILより初の作品集『Cave』を刊行。





 
FOIL GALLERY 〒101-0031東京都千代田区東神田1-2-11 アガタ竹澤ビル201 TEL:03-5835-2285 FAX:03-5835-2286
copyright 2007 FOIL Co., Ltd. All Rights Reserved.