梶井照陰写真展:HARBIN 2009-2012


Untitled from the series of HARBIN 2009-2012
© Shoin Kajii


2012年12月1日(土) - 12月23日(日)
11:30-20:00(初日は19時まで)
水曜休廊 
入場料 300円

オープニングレセプション:
2012年12月1日(土)19:00-21:00


フォイル・ギャラリーでは2012年12月1日(土)から12月23日(日)まで、梶井照陰写真展『HARBIN2009-2012』を開催致します。
本展では、梶井照陰が3年間の歳月をかけ撮影した、変わりゆく中国ハルビンの様子とそこに住む人々を捉えた、新作写真を展示します。

急速な発展を遂げる中国で、ハルビンの地にも沿岸部から開発の波が押し寄せてきた。開発地に指定された下町に住む人々は、自らの意志とは関係なしに立ち退きを迫られ、その土地で生まれた繋がりさえも奪われてしまう。2009年から2012年にかけハルビンを中心に梶井は、時代にのみ込まれてゆく下町と、新しく生まれ変わろうとする街並みを写真に捉えた。この写真に写る人たちは、いったい何を手に入れ何を失ってゆくのか。  

横浜美術館で大勢の方に足を運んで頂いた展示が京都フォイル・ギャラリーにて開催となります。同名の写真集も、フォイルより発売しております。
この機会にぜひ、ご高覧ください。



梶井照陰(かじい・しょういん)
1976年新潟県出身、佐渡島在住。2004 年、佐渡の波を撮り続けたシリーズ「NAMI」で第1 回フォイル・アワードを受賞、写真集『NAMI』(リトルモア/フォイル)を発表する。本作で2005 年度日本写真協会賞新人賞を受賞。その後、日本各地で過疎化の進む集落を取材した『限界集落-Marginal Village』(フォイル)を発表。2009 年、その活動が認められ五島記念文化賞美術新人賞を受賞。2010 年、世界の川を撮影しまとめた写真集『KAWA』を発表、同シリーズで写真展を開催する。最新作に「TSUKI」など。



持ち込みナイト  
- ゲスト:梶井照陰 -
12.23(日) 18:00 - 20:00

忘年会のお知らせ







FOIL GALLERY
〒602-8453 
京都市上京区笹屋町通智恵光院西入笹屋町1-519
マーブルビルディング3F
Tel : 075-451-6162 Fax : 075-451-6163




 

 
FOIL〒602-8453京都市上京区笹屋町通智恵光院西入笹屋町1-519 マーブルビルディング 3・4F TEL: 075-451-6162 FAX: 075-451-6163
copyright 2007 FOIL Co., Ltd. All Rights Reserved.