大宮エリー 思いを伝えるということ 展






2012年9月29日(土)-10月30日(火)
※好評につき、会期が延長となりました

会場:京都 フォイル・ギャラリー、

cafe marble 智恵光院店
11:30 - 20:00
水曜休廊

※最終日は18:00閉場


※イベント開催等で、開場時間が変更となる場合もございます。詳細はHPなどでご確認ください。

※イベントも随時開催予定です。
ツイッター
ブログ
このHPなどで発表します。


入場料:一般500円・小学生以下無料


コミュニケーションに自信がないひとへ
うまく気持ちが伝えられないひとへ
ほっとしたいひとへ
大切な何かを思い出したいひとへ
「思いを伝えるということ」展
東京で1万人以上を動員した、体験型、参加型インスタレーションが、 京都フォイル・ギャラリーとcafe marble 智恵光院店にやってきました!

「心の箱に手をいれてみてください。そして心模様を感じてください。」 「心細い平均台を登ってみてください」 それぞれの指示通りやってみると、ちょっとした仕掛けが。 参加することで作品が完成するインタラクティブなアート展です。

ーーー私だって、伝えられなくて、もどかしくて、臆病で、嫌になる。そんな経験があるから思うんですが、 伝えないと、ゼロになっちゃう。言わないと、なかったことになっちゃう。 ありがとう、ってすごく思っていても、 私のありがとうという気持ちが、存在しない事になっちゃう。 そう思うと、そちらのほうが恐ろしくて、だから、勇気をだして伝えるのです
(大宮エリー・インタビュー抜粋)




大宮エリー

作家/脚本家/映画監督/演出家/CMディレクター/CMプランナー 1975年、大阪生まれ。広告代理店勤務を経て、2006年に独立。映画「海でのはなし。」で映画監督デビュー。主な著書に、『生きるコント』『生きるコント 2』(文春文庫)絵本「グミとさちこさん」(講談社 絵/荒井良二)など。現在サンデー毎日ほかでエッセイ連載中。
2008年 舞台「GOD DOCTOR」(新国立劇場)2009年 舞台「SINGER 5」(紀伊国屋ホール)テレビドラマ「木下部長とボク」(総合演出・脚本)「デカ黒川鈴木」(脚本)「ROOM OF KING」(総合演出・脚本)「三毛猫ホームズの推理」(脚本)「the波乗りレストラン」(総合演出・脚本)「おじいさん先生」(総合演出)脚本参加「サラリーマンNEO」などに携わる。
ミュージックビデオ監修に、「群青」(スピッツ)「男女6人夏物語」(ケツメイシ)「ADRESS」(山崎まさよし)「オアシス」(ハナレグミ)など。
主な著書に、「生きるコント」「生きるコント2」(文藝春秋)、絵本「グミとさちこさん」〈絵:荒井良二〉(講談社)。
他、CM、作詞、雑誌連載コラム等々。 今年2月には、言葉とインスタレーションによる初の個展「思いを伝えるということ」展を渋谷PARCOミュージアムにて開催 来場客1万人超えのヒット企画となる。

現在、ユーストリームの生配信番組「スナックエリー」(ほぼ毎週水曜22時〜)ではママ(MC)として多彩なゲストを迎え、全国の視聴者と乾杯している。

大宮エリーHP http://ellie-office.com/index.html


主催・企画制作:有限会社フォイル・大宮エリー事務所
特別協賛:よしもとクリエイティブ・エージェンシー 
協賛:江崎グリコ
協力:C-COM、浜名梱包輸送、Marble.co
ビジュアルデザイン:グルーヴィジョンズ
空間デザイン:二村周作アトリエ 
照明演出:佐藤啓
装飾美術:井上貴之



《関連書籍》
展覧会・会場にて発売!

タイトル『思いを伝えるということ展のすべて』
著者:大宮エリー
写真:浅川英郎・KENTA AMINAKA・新津保建秀
アートディレクション&デザイン:北川一成(GRAPH)
仕様:A5判/ 176 ページ/ソフトカバー
発行元:有限会社フォイル
ISBN978-4-902943-77-1 C0070 \2000E

購入・詳細は、こちらから


FOIL GALLERY
〒602-8453 
京都市上京区笹屋町通智恵光院西入笹屋町1-519
マーブルビルディング3F
Tel : 075-451-6162 Fax : 075-451-6163




 

 
FOIL〒602-8453京都市上京区笹屋町通智恵光院西入笹屋町1-519 マーブルビルディング 3・4F TEL: 075-451-6162 FAX: 075-451-6163
copyright 2007 FOIL Co., Ltd. All Rights Reserved.