Kim Siyeon
「Barricade」




2010年8月20日(金) - 9月11日(土)
12:00 - 19:00(初日は18:00まで)
日曜休廊

オープニング・レセプション
2010年8月20日(金)18:30-20:30





フォイル・ギャラリーでは8月20日(金)から9月11日(土)まで、韓国人作家キム・シヨンの日本初となる個展「Barricade」を開催する運びとなりました。キム・インソン(Willing n Dealing art consulting)をゲストキュレーターに迎え、2009年に弊廊で行なわれたグループ展「Made of Layers」で好評を得ました写真による作品とそのモチーフをインスタレーションとしても展示致します。

日常空間の中に器用に並べられた不思議なオブジェをモチーフに生み出されるキム・シヨンの作品。なかでも今回の展示ではまず、写真という媒体を介して美しいモノクロの世界として提示しています。
一見静謐に見えるこの作品の中には、通路を遮り、入り口を塞ぐオブジェが“バリケード”として存在する一方、配置のバランスや物質の壊れやすさが画面内に緊迫した空気を漂わせ、心理的な意味でも壁の存在が強調されています。またこのオブジェの素材としてキムが一貫して使い続ける塩や石けんは、“浄化”や“神聖さ”の象徴としても読むことができ、このバリケードの脆さと強さの二面性を暗示します。
同時に、キッチンやリビングルームなど本来的には暖かみ、安全などを連想させる“内”なる場所を冷たく客観的に写し出すことで(実際撮影は第三者によって行なわれています)、このバリケードの感情的な側面 ー 自己防衛、孤独や疎外感、コミュニケーションの不在など ー をも浮かび上がらせています。

このように、幾層にも重なる構図の中で、日常生活に潜むナイーブな心の動きを浮き彫りにするキム・シヨンの作品群。今回のフォイル・ギャラリーでの展示では、写真作品と平行して、粉石けんで作り上げられるサイトスペシフィックなインスタレーションも展示されます。平面を飛び出し、フォイル・ギャラリーという新たなコンテクストで生み出されるとき、キムの作品は果たしてどんな変化をもって私たちにせまるのでしょうか。
どうぞこの機会にご高覧頂きますよう、
お願い申し上げます。





Kim Siyeon(キム・シヨン)プロフィール:
1971年、韓国生まれ。ソウル在住。
梨花女子大学卒業後、2001年、ニューヨークSchool of Visual Arts においてMFA取得。 Gallery Seoul(ニューヨーク)、 Gallery EM (ソウル)での個展、Seoul Museum of Art ( ソウル)、Gallery Hyundai Gang-nam Space (ソウル)、PS122 Gallery (ニューヨーク)でのグループ展への参加など国内外での展示多数。塩や石けんを使った独特のインスタレーション/写真作品は、国内外のコレクションに収蔵され、また東京ワンダーサイトを含むレジデンス・プログラムにも多く参加している。



Kim Inseon(キム・インソン )プロフィール:
1971年、韓国生まれ。ソウル在住。
梨花女子大学卒業後、ニューヨークPratt InstituteにてMA取得。Alternative Space Loopをはじめ、Kukje Gallery、Daelim Museum、Gwangju Biennale、Busan Biennaleなど韓国の主要美術館、ビエンナーレのキュレーターを歴任。
Inter Aila art contempanyのディレクターを経て独立、Willing n Dealing art consultingを設立、現在に至る。






 
FOIL GALLERY 〒101-0031東京都千代田区東神田1-2-11 アガタ竹澤ビル201 TEL:03-5835-2285 FAX:03-5835-2286
copyright 2007 FOIL Co., Ltd. All Rights Reserved.