尾形一郎 尾形優 写真展
HOUSE





2009年10月16日(金) - 11月2日(月)
12:00 - 19:00(初日は18:00まで) 日曜休廊



フォイル・ギャラリーでは2009年10月16日(金)から11月2日(月)まで、尾形一郎 尾形優写真展「HOUSE」を開催致します。

写真集『メキシコ:バロック』『メキシコ:ホテルズ』『ウルトラバロック』など、メキシコのデコラティブな教会やホテルを独自の嗅覚で捉えた写真で話題を呼んだ尾形一郎(当時は小野一郎名義)。約8年ぶりの個展となる本展では、世界5か国、6か所を妻である建築家・尾形優と共に現地へ赴き撮影したシリーズから成る濃密な作品群を中心に構成されます。

アフリカの僻地、ナミビアの砂漠に埋もれていく、かつてダイヤモンドに沸いた街の痕跡。アールデコ風の室内を埋め尽くす大量の砂は、人間の欲望が形作った「家」そのものを飲み込むかのような、抗えない時の流れを感じさせます。その他、エーゲ海に浮かぶギリシャの島に佇む白い鳩小屋、日本の遊郭や霊柩車などから見える「サムライバロック」など全6か所を、家や建築が単なる造形物としてだけではなく、そこに住んだ人の痕跡までもを写し出すような眼差しで捉え、その空間と時間に横たわる陰と光をしずかに浮かび上がらせます。

彼方から人は、夢や憧れ、名誉や栄光、そして虚栄心までもを「家」に託し、投影してきました。その刹那的な想いや有機物の無常さと、ユニークで美しく、時には過剰な建築の造形が共存した「HOUSE」、建築写真の向こうへ と私たちを誘います。

また本展にあわせ、約9年ぶりとなるの写真集『HOUSE』もフォイルより刊行致します。展示では約50点のプリントの展示のほか、写真集『HOUSE』の完全版とも言える本展特製写真集(B4判約70ページ)6冊を公開する予定です。この機会にぜひご高覧下さいますようお願い申し上げます。


中国:洋楼
ギリシア:鳩小屋
沖縄:構成主義
メキシコ:ウルトラバロック 日本:サムライバロック



尾形一郎(おがた・いちろう)プロフィール:
1960年京都生まれ。写真家。建築家の視点から真摯に捉えながらも迫力ある写真が多くの読者に支持される。写真集は旧姓の小野一郎の名で『メキシコ:バロック』(アスペクト・2000年)、『メキシコ:ホテルズ』(アスペクト・2000年)、『ウルトラバロック』(新潮社・1995年)他。主な展示にエプサイト(2001年)、アクシスギャラリー(2001年)など。
尾形優(おがた・ゆう)プロフィール:
1964年東京生まれ。建築家。夫である尾形一郎とともに世界各地の建築を訪ね、写真と建築という形で作品を発表する。
尾形一郎 尾形優 HP


<関連書籍>

HOUSE
著者:尾形一郎 尾形優
デザイン:角田純一
予価:2940円(本体:2800円)  
128ページ/A4判変型
ISBN 978-4-902943-47-4 C0071

2009年10月中旬発売



 
FOIL GALLERY 〒101-0031東京都千代田区東神田1-2-11 アガタ竹澤ビル201 TEL:03-5835-2285 FAX:03-5835-2286
copyright 2007 FOIL Co., Ltd. All Rights Reserved.