ロバート・ウォレス 個展「Under the Influence」

ARU


2015年8月1日(土) - 8月16日(日)
月 - 土 12:00 - 19:00 / 日 12:00 - 18:00
水曜休廊
入場料:300円(中学生以下無料)
オープニング・パーティー:8月2日(日)17:00 - 19:00


フォイル・ギャラリーでは8月1日(土)から8月16日(日)まで、
ロバート・ウォレス 個展「Under the Influence」を開催します。
この機会に是非、ご高覧ください。


sen

かつてファッションデザイナーのポール・スミス氏は、「インスピレーションはどこにでもある」と言いました。
まさにその通りで、通勤通学での道のり、電車や車での移動中、近所のカフェやショッピングマーケットなど日常生活のあらゆる場面でインスピレーションを受ける事ができます。
これらの大小様々な影響を無視せず認識して行く事は、流れの速い21世紀を生きていくにあたって、とても大切な要素なのではないでしょうか。
私のアートは、この「日常の陽炎」(その瞬間に出会う日常の出来事)が原動力になり、またそれらは実際に私の絵画の材料となりました。新聞、地図、レシート、手紙、ショッピング袋、名刺、小説の1ぺージ、映画のチケットなど、私のアートは日常生活の中で出て来る廃棄物によって構築されています。まさに私のアートの中に、私の生き方の本質を見出す事ができるでしょう。

このエキシビション「Under the Influence」では、私たちの身の回りにある一見ランダムで何の変哲のないものを使用し、それを全く違う角度から新しいものとして見ていただきたく、また私のアートに触れた方々がそれぞれの「日常の陽炎」を考慮していただけるキッカケになれば、と願っております。


1


2


4



〈The Collective Ephemera Wall〉
「 Under the Influence」は日々私たちが集めている一見ランダムで関連のないもの全てを用い、私たちが誰であるかとうことを浮かび上がらせる試みです。この「日常の陽炎」は私たちの潜在意識に浸透し、しばしば他のものとして再浮上します。私にとってこれらは文字通り大小様々な影響を作品に及ぼし、テクスチャーと色をそこから受け取っています。

来場者それぞれが日々の「日常の陽炎」がどのように影響を与えているかを、考えるきっかけとし、ギャラリーの壁にそれらを展示してもらいます。ランチのレシート、誰かにもらった名刺、読みかけの雑誌のページ、スーパーのチラシ、電車の切符、壊れた傘、古い写真など、なんでも構いません。ピン、画鋲、テープ、ホッチキスなどを使用して壁に展示してください。

そしてこのコラージュの成長を見守るために、会期中は毎日フォイルHPロバート・ウォレスHPにてにて壁の写真をアップします。

ロバート・ウォレス






 
FOIL〒602-8453京都市上京区笹屋町通智恵光院西入笹屋町1-519 マーブルビルディング 3・4F TEL: 075-451-6162 FAX: 075-451-6163
copyright 2007 FOIL Co., Ltd. All Rights Reserved.