2015年 第89回キネマ旬報 文化映画ベスト・テン 第1位
2015年(第70回)毎日映画コンクール ドキュメンタリー映画賞 受賞
2015年度 日本映画ペンクラブ賞 受賞(シグロ)



70年前の沖縄での戦争体験を語る生き残ったアメリカと
日本の兵士たちは、みな90歳を越えている。
その声と口調の静かだが深いリアリティに圧倒される。
劇映画とは次元が違う記録映画のパワー。

 谷川俊太郎(帯より)
                     

私たちは沖縄のことを、どれくらい知っているのだろう?
1945年4月1日、アメリカ軍が沖縄本島に上陸。6月23日(現在の慰霊の日)まで12週間に及んだ沖縄地上戦では4人に一人の住民が亡くなった。本作は、当時同じ戦場で向き合った元米兵、元日本兵、そして沖縄住民に取材を重ね、米国立公文書館所蔵の米軍による記録映像を交えて、沖縄戦の実情に迫る。また、戦後のアメリカ占領期から今日に至るまで、米軍基地をめぐる負担を日米双方から押し付けられてきた、沖縄の差別と抑圧の歴史を描き、現在の辺野古への基地移設問題に繋がる、沖縄の人たちの深い失望と怒りの根を浮かび上がらせます。


本作は映画「沖縄 うりずんの雨」DVDに、シナリオ採録や座談会、寄稿、沖縄年表などを収録した書籍の完全保存版セットになります。




【DVD】
本編148分 特典映像2分、日本語 英語、通常日本語字幕、日本語吹替え、
聴覚障害者用日本語字幕、視覚障害者用日本語音声ガイド
※英語版は収録しておりません

【BOOK】
本文206ページ、シナリオ採録、座談会、沖縄年表、寄稿、インタビュー、
他収録




1
ジャン・ユンカーマン/ 監督

1952年、米国ミルウォーキー生まれ。
横須賀海軍基地の軍医であった父の仕事の関係で生後3か月のときに初来日。1年間ほど家族で葉山に暮らす。1969年、慶應義塾志木高等学校に留学。スタンフォード大学東洋文学語科卒業。大学卒業後、1975年に沖縄に渡り、コザのバー街で反戦兵士の支援活動に関わる。
1982年から日産自動車における「日本的」労使関係を取材し、そのドキュメンタリーを米のテレビ局で放送したことがきっかけで、映画の世界の道を拓く。
画家の丸木位里・丸木俊夫妻を取材した『HELLFIRE:劫火―ヒロシマからの旅―』(86)は米国アカデミー賞記録映画部門ノミネート。9・11のテロ後に言語学者ノーム・チョムスキーにインタビューした『チョムスキー9・11』(02)は数カ国語に翻訳され、世界各国で劇場公開された。世界の知識人12人へのインタビューをもとに日本国憲法を検証する『映画 日本国憲法』(05)は戦後60年の節目に日本国憲法の意義を改めて問いかけた。
他に、日本の最西端の与那国島を舞台に、老漁師と巨大カジキの格闘を描いた『老人と海』(90)、エミー賞受賞作『夢窓〜庭との語らい』(92)など。現在も日米両国を拠点に活動を続けている。
「映画 日本国憲法」読本(2005年 FOIL)




映画「沖縄 うりずんの雨」公式サイト


HMV&BOOKS TOKYO ジャン・ユンカーマン 監督選書フェア開催中
5月14日(土)「ジャン・ユンカーマン×孫崎享」トークイベント開催



case book dvd
外箱
BOOK
DVD






gocover






タイトル:沖縄 うりずんの雨
デザイン:宗幸(UMMM)
装画:鈴木まさこ「くじら」
定価:本体3900円+税
ISBN 978-4-902943-96-2
判型:四六判
書籍(206ページ)+DVD(本編148分)、箱付き
2016年2月中旬発売






有限会社フォイル 〒602-8453京都市上京区笹屋町通智恵光院西入笹屋町1-519 マーブルビルディング 3・4F
TEL: 075-451-6162 FAX: 075-451-6163
copyright 2010 FOIL Co., Ltd. All Rights Reserved.