本を開いた人はみんな行司さんの作る服を自分も着てみたくなるだろう。私も93才を迎え、病気がちになったので、楽なガウンを注文したい。
私でなければ着こなせない個性的なガウンを!!


瀬戸内寂聴(帯より)



新聞記者という日々の仕事を終えたあと、著者は大好きな服作りに没頭します。とても大好きな時間です。母のために縫ったし、友人達のために縫いました。日々の仕事のあいま、束の間の自由な時間で作られました。
この本は行司千絵が作った、世界でたった1着の服について、語りかけてくるような親しい文章で書かれたエッセイ集です。登場するのは、僧侶、作家、女の子と4〜79才までの23人。
魅力あふれるエピソードの数々。
人と、服の魅力そのものを伝える瑞々しい写真。
ずっと近くに置いておきたくなる、 「世界でたった1着の服」をめぐる1冊です。




〈著者の服を愛用する方々〉
秋野等&井上章子/いしいしんじ一家/奥田千帆/奥田道/笠谷圭見/
金原瑞人/菊池美奈/行司美知子/小西徹/鷺珠江/田中泰子/田村武一家/
千早茜/筒井大介/なかむらあきこ/西淑/松本伸哉/山下賢二




[関連イベント開催]
□刊行記念「おうちのふく」作品展
 リネンバード北浜(大阪) 6月6 ー 14日
 リネンバード二子玉川(東京)6月20 ー 28日
 http://www.linenbird.com/calender/1506GyojiChie.html

□トークイベント
 松本伸哉・山下賢二(ホホホ座)
  ホホホ座(京都)6月26日19:00ー
  www.hohohoza.tumblr.com/post/120088124628

 浜矩子(エコノミスト・同志社大学教授)
  B&B(東京)6月29日20:00
  www.bookandbeer.com/blog/event/20150629_ouchinofuku/

 いしいしんじ(小説家)
  スタンダードブックストア心斎橋店(大阪)
   7月5日12:00ー
  www.standardbookstore.com/archives/66180785.html

□選書フェア
 青山ブックセンター六本木店 6月下旬開催予定
 www.aoyamabc.jp/store/roppongi/




行司千絵(ぎょうじ・ちえ)
1970年生まれ。同志社女子大学芸学部英文学科卒。
新聞社に勤めながら、洋裁を独学で習得。
趣味として休日にミシンを踏み、自身の普段着や母、
友人・知人の服を縫っている。これまでに3〜90才に
約120着を作った。
著書に「京都のシェフにならうお料理教室」(青幻舎)。









gocover






タイトル:おうちのふく ー世界で1着の服ー
著者:行司千絵
アートディレクション&デザイン:落合慶紀(ガレージ)
写真:刑部信人
定価:本体1700円+
ISBN 978-4-902943-94-8
判型:A5版(210×148.5mm)
172ページ/オールカラー/ソフトカバー
2015年6月中旬発売


数量:
1




有限会社フォイル 〒602-8453京都市上京区笹屋町通智恵光院西入笹屋町1-519 マーブルビルディング 3・4F
TEL: 075-451-6162 FAX: 075-451-6163
copyright 2010 FOIL Co., Ltd. All Rights Reserved.