光の雨が降ってくる
重さのない光がからだの中を突き抜けていく

『うたたね』『花火』『花子』3冊同時出版から10年―。アメリカ・Aperture社との共同出版による撮り下ろし新作写真集『Illuminance(イルミナンス)』は、川内倫子が約15年の歳月をかけて撮りため、『うたたね』の世界を更なる高みへと昇華させた渾身の一作です。現在、各国での個展・グループ展に精力的に参加し、本作『Illuminance』は5カ国で同時出版されるなど、その活動はますます注目を集めています。
この世界に満ちている光と闇、そして生と死。美しさと同時に悲しさをも含有する川内倫子がとらえるそれらの断片は、時間や場所を超えて、普遍とは何かを私たちに訴えかけます。崇高でありながらささやかに、私たちが見ているこの世界の新しい扉を開きます。


※本書はApertureから出版される『Illuminance』 とページ数・写真点数・仕様等の内容はまったく同じです。表紙の写真のみフォイル版特別仕様のため他とは異なります。また巻末のエッセイとバイオグラフィーがフォイル版は日本語になります。(Aperture版は英語です、またその他3つの出版社がそれぞれの言語で同時出版します)




川内倫子写真展「Illuminance」
2011年6月24日(金)〜7月23日(土)
12:00 - 19:00 日曜・祝日休廊

FOIL GALLERY

◆2011年5月19日〜7月16日まで個展「Illuminance」Gallery at Hermes(NY)にて開催。
川内倫子プロフィール


FOIL WEB発売中>

タイトル:Illuminance(イルミナンス)
著者:川内倫子
デザイン:ダニエル・ベアー
テキスト:デビッド・チャンドラー
定価:本体4,300円
ISBN:978-4-902943-64-1
判型:A4版変型
176ページ/ハードカバー/クロス貼り/箔押し/和とじ(袋とじ仕様)/シュリンク
2011年5月発行

数量:







2008年、ブラジルの日系移民の人々が初めてブラジルの地を踏んでから100年になります。
サンパウロ近代美術館(MAM)との100周年共同プロジェクトにより、2年間計3回の渡伯を経て、撮影はブラジル各地の日系社会だけにとどまらず、川内倫子はいくつもの大自然とそこに棲む生き物、人々の生活やカーニバルまでを撮り下ろしました。
サンパウロ、ベレン、トメアスー、カンピーナス、ロンドリーナ、イグアス、パンタナール、ボニート、リオ・デ・ジャネイロ、サンルイス、レンソイエス・マラニャンセス……
ブラジルでの一瞬一瞬が、圧倒するほどのエネルギーを含みながら、時には懐しく、そして美しく繊細に刻まれています。異なる人種や文化、貧富の差、ハレとケ、それぞれが濃密に混ざり合う国。混沌の中に沸き上がる生命のリズム。そこにはブラジルで見つけた川内倫子の新境地が広がっています。


わたしが見たかったのは、轟音とともに流れ続けるイグアスの滝の悪魔の喉笛のように、いろんなものを飲み込んでしまうようなブラジルの持つ力だったのかもしれない。
--あとがきより



◆2007年7月19日〜9月23日まで個展「Semear」サンパウロ近代美術館(MAM)を開催しました。


タイトル:種を蒔く/Semearセメアール)
著者:川内倫子
デザイン:角田純一
定価:本体2800円
ISBN:978-4-902943-20-7
判型:A4版変型
184ページ/ ソフトカバー
2007年7月発行


数量:






沖縄・美ら海水族館から生まれた、ちいさなポストカード・ブック

2007年公開の映画「ドルフィン・ブルー」のスチールとあわせて撮影した世界一の規模を誇る美ら海水族館のイルカや魚たちの姿。クジラの涙、大きな水槽を泳ぐ魚たち、島にかかる虹……。水の中を泳ぐ海の生き物たちの時間を、美しくもはなかく切り撮りました。
この夏一番の便りを届けたい、川内倫子初めてのポストカード・ブックです。

※まじゅん…沖縄の方言ウチナーグチで「一緒に」の意味


 

タイトル:Majun
著者:川内倫子
デザイン:有山達也
定価:本体1000円
ISBN:978-4-902943-19-1 C0072
判型:120x120mm
ポストカード:10枚
※このポストカードは定形外です
2007年6月発行

数量:






生命が生まれるわずかな瞬間を約4年の歳月をかけて追い続けた、川内倫子の超大作『AILA』(リトルモア刊・2004年)が改訂版として生まれ変わりました。

ひよこ、馬、犬、カメ、そして人間・・・。
生まれてからすぐに死をむかえるもの、生まれてからすぐに誰かの生のために食べられてしまうもの、すべての生きものたちは自分たちのさだめに従って生きています。
さまざまな生き物たちが生まれてくる瞬間の神秘、生きている尊さ、自然界のいのちのざわめき、躍動、歓び、美しさ、そしてはかなさ。川内倫子が切り取った写真は、私たちを生と死の境界線にいざなってくれます。



タイトル:AILA(アイーラ)
著者:川内倫子
デザイン:中島英樹
定価:本体3500円
ISBN:4-902943-10-7
判型:A4判変型
176ページ/オールカラー /ハードカバー
2005年11月発行

数量:







周りの大人に愛されて、守られて育った記憶は消えない。

『Cui Cui』は川内倫子が13年前から撮り続けている、家族の記憶である。お正月の団らん、兄の結婚式、祖父の死、新しい命の誕生…。ありふれた出来事が積み重なっていく普通の家族。人の匂いと土地の匂いのする故郷の風景が漂ってくる。
出会いと別れを繰り返しながら、記憶の中でずっと家族は生き続ける。誰もが持っている家族のアルバムをそっと呼び覚まします。


タイトル:Cui Cui(キュイキュイ)
著者:川内倫子
デザイン:山本誠
定価:本体3000円
ISBN:4-902943-02-6
判型:A5判変型(243mm×165mm)
232ページ/オールカラー /ソフトカバー
2005年3月発行

数量:

 






小さな昆虫や花、子供たち、日々の何気ない風景…。
ささやかな日常の一瞬とらえた写真に、ささやきのような言葉を織りまぜ、写真集という形から姿を変えました。写真と言葉が溶け合い、日常を写しながらも漂うような浮遊感を持つ一冊。





タイトル:the eyes, the ears,
著者:川内倫子
デザイン:角田純一
定価:本体1500円
ISBN:4-902943-00-X
判型:A5判変型(224mm×150mm)
ページ:112ページ
オールカラー /ハードカバー
※全文英訳併記
2005年2月発行

数量:






有限会社フォイル 〒602-8453京都市上京区笹屋町通智恵光院西入笹屋町1-519 マーブルビルディング 3・4F
TEL: 075-451-6162 FAX: 075-451-6163
copyright 2010 FOIL Co., Ltd. All Rights Reserved.