自身の近しい人の死をきっかけに、死の側から生を、生の側から死をのぞく作業を続けてきた大橋愛。かつての隆盛の影を残したまま、取り壊されることすらなく廃墟となった軍艦島、おそろしいほど美しい自然、時間によって音も立てずに暴力的に分断される日常の風景。大橋の目を通して映された世界は、時として残酷ともいえる生の営みを粛々と浮かび上がらせ、生が内包する「無」ともいえる死の気配を感じさせます。失われたかけら(=piece)をさがすようにシャッターを切り、生まれた写真は、生の対局にある死ではなく、当たり前にある死の存在をやさしく語りかけます。そして時を経て、死者への感情がかわりゆくように、写真もいつしか普遍的な世界へと昇華され、見る者自身の記憶のかけらにやさしく静かな時間を与えます。 震災を経て、生と死がわたしたちにとってより身近なものとなった今、大橋が「世に出そうと思った」という本作は、見る者ひとりひとりの物語ともいえるでしょう。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


大橋 愛 写真展:piece
[京都]
会期:2013 年3月8日(金) - 3月31日(日) 11:30 - 20:00 水曜休廊
オープニング・レセプション:3 月8 日(金) 19:00 - 21:00
入場料:300円(中学生以下無料)

会場:フォイル・ギャラリー
〒602-8453京都市上京区笹屋町通智恵光院西入笹屋町1-519 マーブルビルディング 3F
Tel.075-451-6162
[東京]
会期:2013 年4月25日(木) - 5月19日(日) 11:00 - 19:30 月曜休廊
オープニング・レセプション:4月25日(木) 19:00 - 21:00

会場:hpgrp GALLERY TOKYO
〒150-0001渋谷区神宮前5-1-15 B1F
Tel.03-3797-1507


大橋愛(おおはし・あい)
1974年神奈川県生まれ。東京綜合写真専門学校研究科卒業。
HP:http://eye-ohashi.com

 

タイトル:piece
著者:大橋 愛
定価:本体3000円
装丁・レイアウト:半澤 潤
ISBN978-4-902943-81-8 C0072
80ページ/A4判変形(212×287mm)/ソフトカバー
2013年3月発行

数量:









しゃぼん玉とんだ 屋根までとんだ
屋根までとんで こわれて消えた――

東京、夕張、群馬、屋久島、ケルン、セントルイス、ニューヨーク、四川省――。
自由に解き放たれたしゃぼん玉は、ときに夢のような場面を、ときに壮大な自然の中を、またときにぞっとする陰の中を、漂い、彷徨います。そうして未知なる幻想の世界へと私たちをいざなってくれます。
新進気鋭の写真家・大橋愛の、優しく広大で不思議な光の世界が、丁寧に織り込まれた写真集になりました。


大橋愛(おおはし・あい)
1974年神奈川県生まれ。東京綜合写真専門学校研究科卒業。


タイトル:UNCHAINED
著者:大橋 愛
定価:本体2500円
デザイン:角田純一
ISBN978-4-902943-39-9 C0072
64ページ/A4判/ハードカバー
2008年11月発行

数量:

有限会社フォイル 〒602-8453京都市上京区笹屋町通智恵光院西入笹屋町1-519 マーブルビルディング 3・4F
TEL: 075-451-6162 FAX: 075-451-6163
copyright 2010 FOIL Co., Ltd. All Rights Reserved.