1


「とにかく、世界へ行きなさい!」
北野武(帯より)

映画監督、映像ディレクター、演出家、脚本家、コピーライター、作家、ラジオパーソナリティーなど多岐にわたり、ボーダレスに活動し、あらゆるジャンルから注目されている大宮エリー。こんどは小山登美夫ギャラリーから画家としてデビュー。2月に代官山ヒルサイドテラスで好評を博した展覧会の作品を中心に、これまで制作したペインティングやドローイングを一挙に掲載。そのダイナミックなタッチは、圧倒的なパワーで見る者を大宮エリーが魅せる世界へと誘います。




〈コメント〉
おおはた雄一/木村絵理子/児島やよい/小山登美夫/竹井正和/立川志の輔/
福武總一郎/永積崇/原田郁子/ムッシュかまやつ



[同時開催]
大宮エリー 絵画展「EMOTIONAL JOURNEY」
2015年6月16日(日)- 7月20日(月)
月 - 土 11:30 - 19:00 / 日 11:30 - 18:00
入場料:300円(中学生以下無料) 水曜休廊
会場:FOIL GALLERY
京都市上京区笹屋町通智恵光院西入笹屋町1-519
マーブルビルディング3F
TEL:075-451-6162



大宮エリー (おおみや・えりー)
作家/脚本家/映画監督/演出家/CMディレクター/CMプランナー 1975年、大阪生まれ。広告代理店勤務を経て、2006年に独立。映画「海でのはなし。」で映画監督デビュー。主な著書に、『生きるコント』『生きるコント 2』(文春文庫)絵本「グミとさちこさん」(講談社 絵/荒井良二)など。現在サンデー毎日ほかでエッセイ連載中。 2008年 舞台「GOD DOCTOR」(新国立劇場)2009年 舞台「SINGER 5」(紀伊国屋ホール)テレビドラマ「木下部長とボク」(総合演出・脚本)「デカ黒川鈴木」(脚本)「ROOM OF KING」(総合演出・脚本)「三毛猫ホームズの推理」(脚本)「the波乗りレストラン」(総合演出・脚本)「おじいさん先生」(総合演出)脚本参加「サラリーマンNEO」などに携わる。 ミュージックビデオ監修に、「群青」(スピッツ)「男女6人夏物語」(ケツメイシ)「ADRESS」(山崎まさよし)「オアシス」(ハナレグミ)など。 主な著書に、「生きるコント」「生きるコント2」(文藝春秋)、絵本「グミとさちこさん」〈絵:荒井良二〉(講談社)。 他、CM、作詞、雑誌連載コラム等々。 今年2月には、言葉とインスタレーションによる初の個展「思いを伝えるということ」展を渋谷PARCOミュージアムにて開催 来場客1万人超えのヒット企画となる。 現在、ユーストリームの生配信番組「スナックエリー」(ほぼ毎週水曜22時〜)ではママ(MC)として多彩なゲストを迎え、全国の視聴者と乾杯している。
大宮エリーHP http://ellie-office.com/index.html




GO01
1
1
1
1
1




gocover






タイトル:EMOTIONAL JOURNEY
著者:大宮エリー
写真:高橋健治、古谷勝、網中健太
アートディレクション:北川一成(GRAPH)
定価:本体2980円+
ISBN 978-4-902943-92-4
判型:280×225mm
152ページ/オールカラー
2015年6月中旬発行


数量:
1



1




2012年2月に渋谷パルコミュージアムで開催された、初となる展覧会「思いを伝えるということ」展の作品、インスタレーションなどを収録した、大宮エリー初の作品集です。
“思いを伝える”という行動から喚起される「心細さ」「高揚感」「切なさ」「感動」など1つの状態を、本展覧会のためにオリジナルで造作したインタラクティブなインスタレーションと、それを包み込むような書き下ろしのショートストーリーにより構成されている展示の、各インスタレーションごとの解説を、3人の写真家による会場風景写真とともに収録。作品が生まれたエピソードや、渋谷パルコの感想ツイッター、詩人・谷川俊太郎氏との「思いを伝えるということ」についての対談も収録しています。 ツイッターなどで大反響を呼び、渋谷パルコ1万人以上を動員し、「地方にも来て欲しい!」という熱望に応え、全国を巡回中の展示にいたるまでの大宮エリーの思いをたどります。


もう一度家で味わいたい人へ
もっと知りたい人へ
時々この世界に戻って来たい人へ
忘れたくない人へ
いつまでも浸りたい人へ
どうしても来れなかった人へ 捧げます        
大宮エリー

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

 

大宮エリー「思いを伝えるということ」展
2012年9月29日(土)-10月28日(日)
11:30 - 20:00
入場料:一般500円・小学生以下無料
会場:フォイル・ギャラリー、cafe marble智恵光院(フォイル・ギャラリー2F)

※最終日は18:00閉場
※イベント開催等で、開場時間が変更となる場合もございます。詳細はHPなどでご確認ください。
※イベントも随時開催予定です。
ツイッター
ブログ
このHPなどで発表します。

 

大宮エリー プロフィール

 


タイトル:思いを伝えるということ展のすべて
著者:大宮エリー
写真:浅川英郎・KENTA AMINAKA・新津保建秀
アートディレション&デザイン:北川一成(GRAPH)
定価:本体2000円
ISBN978-4-902943-77-1
判型:A5判(148×210mm)
176ページ/ソフトカバー
2012年10月刊行

数量:



有限会社フォイル 〒602-8453京都市上京区笹屋町通智恵光院西入笹屋町1-519 マーブルビルディング 3・4F
TEL: 075-451-6162 FAX: 075-451-6163
copyright 2010 FOIL Co., Ltd. All Rights Reserved.