それはいつまでもつながっているチェーンリング

どこまでも広がっていく浮遊するワンダーランド。ポップで、ちょっとシニカルで、謎めくユーモアに満ちている。
国内外で活躍する画家・青木陵子の初めての作品集は、彼女自身によるコラージュブックのような体裁であり、そこには魅惑的なイマジネーションが溢れています。代表作であるカラフルな草花や風景のドローイングの他、初期の作品、ノートのスケッチ、スナップ写真、そして時折メモのような散文がささやかに添えられています。彼女の絵はポップ感と、少女的あるいはフォークロアなどのモチーフが融け合いながら、画面の中に様々な要素が不可思議に配置され、小さな紙に無限の広がりを感じさせます。彼女の頭の中がそのまま視覚化されたような、不思議なリズムと創造性に富んだ一冊です。

青木陵子は、松井みどり氏の企画により現在世界各国を巡回中の「ウィンター・ガーデン」展や、来年頭に国立国際美術館で開催予定の「現代日本の絵画(仮)」展などにも参加し、その活動は昨今ますます注目されています。


ー終了しましたー

同時開催
青木陵子作品展:オブジェクト・リーディング
2009年9月11日(金) - 10月10日(土)
12:00 - 19:00(初日は18:00まで) 日曜・祝日休廊
FOIL GALLERY



青木陵子(あおき・りょうこ)プロフィール:
1973年兵庫県生まれ、京都市立芸術大学大学院ビジュアルデザイン科修了。主な展覧会に「どないやねん!/現代日本の想像力」(国立美術学校・パリ、1998年)、クリテリオム51・水戸芸術館(2001年)、「HAMMER PROJECTS Ryoko Aoki」(ハマー美術館・ロサンゼルス、2005年)など。2007年には「マイクロポップの時代:夏への扉」展(水戸芸術館)とドイツの国際美術展「ドクメンタ12」に参加。今年5月に原美術館で開催された後、現在世界各国を巡回中の「ウィンター・ガーデン」展や、来年頭に国立国際美術館で開催予定の「現代日本の絵画(仮)」展などにも参加し、ますますその活動が注目されている。

 

タイトル:Chain Ring
著者:青木陵子
デザイン:名久井直子
定価:本体2200円
ISBN:978-4-902943-47-4
判型:A5判変型
128 ページ/ソフトカバー
2009年9月発行

数量:



有限会社フォイル 〒602-8453京都市上京区笹屋町通智恵光院西入笹屋町1-519 マーブルビルディング 3・4F
TEL: 075-451-6162 FAX: 075-451-6163
copyright 2010 FOIL Co., Ltd. All Rights Reserved.