人は愛する女性の中に、
いつだって何かを発見するものだ
  ――ベルナール・ビュフェ

彼によって、彼と共に、そして彼のために、
私は自分を位置づけることができたのです
――アナベル

弱冠20歳にしてフランス画壇に現れ、独自の画風を築き上げた、具象画家ベルナール・ビュフェ。エキゾチックな美貌でパリの華となった、アナベル。
多感な思春期の戦争体験と、幼年時に抱いた家庭内の不和という似通った陰を持つ二人は、1958年、運命的な出会いを果たす。
戦後の熱狂渦巻くフランスで、フランソワーズ・サガン、
ジャン・コクトー、ジャン・ジオノら文化人との交流を持ちつつ、孤高の画家であったビュフェ。そして、彼を終生支えたアナベル。
41年という歳月を、冷めやらぬ情熱で、互いを深く愛し、尊敬し、その才能を認め合い、夫婦として、「Significant Others(重要な他者)」として共に生きた。

本書は、二人の生い立ちから出会い、戦後の美術や当時のフランス文化を綴ったテキストを軸に、アナベルをモデルに描かれた作品、初期から晩年に至るまでのビュフェ作品を収録。ビュフェとアナベルの貴重な写真も数多く収めた、愛の軌跡の物語です。


 

タイトル:『ビュフェとアナベル』
監修:ベルナール・ビュフェ美術館
デザイン:山本誠
定価:本体2800円
ISBN:978-4-902943-22-1
判型:A5判
192ページ/ハードカバー
2007年8月発行

数量:



有限会社フォイル 〒602-8453京都市上京区笹屋町通智恵光院西入笹屋町1-519 マーブルビルディング 3・4F
TEL: 075-451-6162 FAX: 075-451-6163
copyright 2010 FOIL Co., Ltd. All Rights Reserved.