何もないところから、絵は生まれていく。

みずみずしい色彩と軽やかなタッチで昨年初夏の展示では観る者を魅了した、角田純のアブストラクト・ペインティング。
初作品集となる『Cave』では写真家・大森克己が角田の作品を新たに撮り下ろした写真を中心に構成します。大森の視点が介在することによって、単なる複写ではなく、絵は生まれ変わり新たな表情を見せます。ライフワークとして過去20年の間に描き続けた作品群の中から、光の残像をキャンバスに描いた<light sculpture>、緻密な点から色鮮やかで繊細な世界を描く<Dot Painting>など、時系列で様々なシリーズを収めています。
人類が最初に絵を描いた場所である「Cave(洞窟)」。時を超えて移り変わる絵には、その時々の心のゆらぎや日々の感情が自由に描かれ、私たちはその形跡に触れた時、色と光の織り成す解放的な世界に身を委ねることでしょう。


角田純:1960年生まれ、愛知県出身。多摩美術大学卒業。主な個展にGALLERY TRAX(04年)、FOIL GALLERY(08年)など。グループ展に“Culturalties Exhibition”Westzonegalleryspace・ロンドン(00年)などがある。


 

※サイン本販売中
タイトル:Cave
著者:角田純
写真:大森克己/アンダース・エドストローム
定価:本体3000円
ISBN978-4-902943-44-3
判型:A4判変型
92ページ/ハードカバー
2009年5月発行
数量:



有限会社フォイル 〒602-8453京都市上京区笹屋町通智恵光院西入笹屋町1-519 マーブルビルディング 3・4F
TEL: 075-451-6162 FAX: 075-451-6163
copyright 2010 FOIL Co., Ltd. All Rights Reserved.